中央競馬馬主社会福祉財団さんより助成金を頂きました!

平成30年12月に

公益財団法人 中央競馬馬主社会福祉財団様より

施設整備等助成金を頂き、送迎車を購入することが出来ました。

 

車輛うしろ写真     車輛左側面写真     車輛右側面写真

 

この武志町にふあっとの事業を移転してから14年が経ち当初から使用していた

送迎車も老朽化してまいりました。

買替の希望もありましたが、高価なものであるので整備しながら大切に使用して

きましたが、ここ数年の冬季の寒さに十分に暖房が対応できなくなり

購入することになりました。不安な資金面で助けていただいたのが

中央競馬馬主社会福祉財団様でした。ありがとうございました。

 

長らく使用してきた前の送迎車と同じ「キャラバン」ですが、この度乗降用手すりと

パワースライドドア機能が付いた車輛を購入したので運転者も利用者様も快適な

ドライブを楽しめるようになりました。

 

今後もこの送迎車と共により一層、利用者様に寄り添った支援をしていけるよう

職員一同、日々精進してまいります。

中央競馬馬主社会福祉財団様には、請求手続き等お気遣いいただきありがとうございました。

重ねて感謝申し上げます。

 

赤い羽根共同募金さんの助成をいただき送迎車を購入いたしました!

赤い羽根共同募金さんの助成をいただき購入した

就労支援事業所サン出雲で使用する送迎車が

平成28年10月21日(金)にやってきました!!

dscn1026

 就労支援事業所サン出雲では就労継続支援B型と自立訓練(生活訓練)の2つの事業を行っています。 特に生活訓練事業においては、退院後間もない利用者さんや普段外出する機会の少ない利用者さんも多い為、送迎時だけでなく買い物やレクリエーション活動の際は車でお出かけをしています。今年度途中で車輌のリース契約が終了する為、共同募金会さんに助成をいただき購入することになりました。新しくサン出雲にやってきた「三菱デリカ」に、利用者さんの反応は…。

「今までは手で開けていたドアが自動で開く!」

「ナビゲーションが付いているね。簡単に駐車できるし、これからはどこにでも行けるね」

などの喜びの声があがりました。その後、さっそく秋の立久恵峡を満喫しに皆で出かけました。

   今後はこの車が、利用者さんと職員をさまざまな場所へ運んでくれて、いろいろな出会いや思い出が生まれていくのだと思います。サン出雲の頼もしい相棒がまた一人増えました。

赤い羽根共同募金に協力していただいた皆様にはサン出雲の職員、利用者全員感謝しております。

本当にありがとうございました。

 

「次世代法に基づく自社の行動計画」を策定しました。

 社会福祉法人ふあっとは「次世代育成支援対策推進法(次世代法)」に基づき平成27年11月24日から平成29年11月23日までの2年間において、職員の働き方を見直し、特に女性職員の継続就業者が増えるよう、妊娠・出産・復職時における支援に取り組むとともに、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定しました。

社会福祉法人ふあっと 行動計画

1・計画期間  平成27年11月24日~平成29年11月23日までの2年間   

2.内  容 

  目標 1  妊娠中の女性職員(パートを含む)の母性健康管理について、パンフレット等を

        作成して制度の周知を図る。

  <対 策> 平成27年12月~ 制度に関するパンフレットの作成  

         平成28年 1月~ 制度に関するパンフレットの配布、研修などによる職員への周知

      目標 2  小学校就学前の子を持つ職員が希望する場合に利用できる短時間勤務制度について、

        パンフレット等を作成して周知を図る。

  <対 策> 平成28年 1月~ 制度に関するパンフレットの作成 

         平成28年 2月~ 制度に関するパンフレットの配布、研修などによる職員への周知

  目標 3  年次有給休暇の取得日数を1人当たり平均年間10日以上とする。

  <対 策> 平成28年 1月~ 職員の年次有給休暇の取得状況を把握する  

         平成28年 2月~ 計画的な取得に向けて職員(管理職を含む)に対して研修を行う